FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

ソーシャルゲームのパワー

最近は猫も杓子も定規もソーシャルゲーム。
電車の中とかでもガラケ(普通の携帯ね)やスマホでゲームやってる
人をいっぱい見ますが、なかでもやはりソーシャル性を持っているゲームは一回り違うみたい。海外のSNS(mixiみたいなもの)の中でも、Facebook(最近映画でも話題かな?)に登場するゲームがどれくらいパワフルなのかがあがっていたので紹介。

2010年度 セールストップ10
順位タイトルプレイヤー数(万人)売り上げ(億円)
1位Call of Duty BlackOps1,200700
2位City Ville1,000550
3位Farm Ville550300
4位MADDEN NFL 11500250
5位HALO Reach450300
6位Zynga Poker400200
7位RED DEAD REDEMPTION350200
8位Super MarioBros.Wii350200
9位Wii Fit Plus300250
10位Frontier Ville250150

700億円とかマジカ!
さすがトップ10だけあってどれもこれもすごい。しかし注目は○○Villeというやつ。3つもランクインしているが、これは全てZyngaというサンフランシスコにあるソーシャルゲームメーカーのもの。Zynga Pokerも含めれば4つもランクインしていることに。無論全てソーシャルゲームでFacebookでサービス中のはず。

Zyngaはここ一年程で急成長中のゲームメーカーで、最近ジンガジャパンもできたりと勢いがある。僕も入りたい。日本のメーカーも頑張らないと、最近話題のモバゲーやグリーもジンガに食われるかもかも。

ソーシャルゲームはたいていの場合開発コストが、従来のコンシューマーゲームと比べて安い。にもかかわらずこの状況となると、企業としては売れるところにタイトルを投下するのが当たり前だし、これから暫く(あるいはずっとかもしれない・・・)従来のコアなゲームファンには厳しい世の中ですなぁ。

切ない。
関連記事

Tag:海外ゲーム情報  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

Nikukyu

Author:Nikukyu
なんちゃってゲーム開発者をしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。