FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

無料でFlashムービーを作る! part.3

さて前回まで2回続けてFlexSDK+FlashDevelopの無料開発環境構築をやってきたですね。今回は少し寄り道して、Flash CSを持っている場合について書いてみます。

さて、Flash CSを持っている場合は、ムービー部分はFlash CSで作り、プログラム部分のみFlashDevelopで作ることができます。またFlash CSがインストールされている環境下でも、FlashDevelopのみでの開発を行うことが出来ます。
ではまず環境構築を行いましょう。以下はFlash CSがインストール済みであるところからスタートしてください。




■まずFlashDevelopを動作させるための下準備が必要です。
そのためにJava 6(JRE1.6)とMicrosoft .NET Framework 3.5をインストールしましょう。それぞれ
 からダウンロードしてきましょう。




■次にFlashDevelopをダウンロードします。
FlashDevelopのダウンロードに進みます。 http://www.flashdevelop.org/wikidocs/index.php?title=Main_Pageを開きます。


画面右上の方に上記のような場所がありますのでクリックすると、新しい画面が開きます。


画面の下のほうにスクロールすると、上記の画面のようになります。ここからexeファイルをダウンロードします。ダウンロードしたexeファイルを実行するとインストーラーが立ち上がりますので、指示に従ってインストールを行います。特に設定を変更するところはありません。
Flash CSを所有している場合、この段階で自動的にFlexSDKがダウンロードされます。インターネットアクセスが呼び出されますので、場合によりセキュリティソフトに許可を与えてください。





■最後日本語化です。
インストールが完了すると、デスクトップとスタートメニューにFlashDevelopのショートカットが作成されますので、好みのほうから起動してください。


起動したら、画面上部のメニューからToolsを選択し、ProgramSettingを開きます。


Setting画面が開いたらそのまま右画面を一番下までスクロールするとSelected Localeという項目がありますので、これをja_JPに変更します。変更したらSetting画面を閉じ、さらにFlashDevelopも一旦閉じて再度起動して下さい。これで日本語になっていればOKです。

これで環境構築は終わりです。
Flash CSをインストール済みの場合、FlexSDKやデバッガー周りのインストール、設定は全てFlashDevelopのインストールと同時に行われているので、何もしなくて問題ありません。非常にラクチンです。
では次に、実際にFlash CSとFlashDevelopの連携したプロジェクトの作り方に進みましょう。




■最初にFlash CSを起動します。
以下はFlash CS 4の場合の画像です。


起動したら、Flash ファイル (AS 3.0) を新規作成します。Flashしたら中身は特にいじる必要はありませんので、Flashファイルを保存します。保存場所は好きな場所で構いません。今回はC:\Nikukyu\workspace\flash\sample\sample_project.flaに保存したことにして進めます。




■次にFlashDevelopを起動します。
起動したら、こちらでも新規プロジェクトを作成します。


画面上段のメニューからプロジェクトを選択し、新規プロジェクトをクリックします。


そして、Flash IDE Projectを選択したら、プロジェクトの名前を入力(Flashファイルと同じ名前が分かりやすい)し、場所を入力(Flashファイルがあるディレクトリを指定)します。この時、左下のチェックボックスはチェックをはずしておきます。
設定できたらOKボタンを押します。
たぶん「既にファイルがありますよ」といった警告が出ますが、OKボタンを押して進めます。




■ドキュメントクラスを作成します。
FlashDevelopのプロジェクトが出来上がったと思いますので、今度はドキュメントクラス(入り口となるクラス)を作成します。 FlashDevelopの画面右側のプロジェクトウィンドウを見てください。


まずプロジェクト名(AS3)という部分を右クリックします。現れたコンテキストメニューから新規作成を選び、New class...をクリックしましょう。

現れたウィンドウの中段、名前Mainと入力して、次に基本クラスの右側にあるブラウズボタンを押します。

更に現れたウィンドウの最上段にMovieClipと入力し、中段でflash.display.MovieClipが選択されていることを確認したら、OKボタンをクリックします。

戻った画面で上記のようになっているのを確認したらOKボタンを押します。




■そしてFlashファイルとドキュメントクラスを関連付ける。
再びFlash CSに戻ります。

flashdevelop_proj10.png
画面右側のプロパティタブの中にある、クラスに先ほど作成したドキュメントクラスの名前を入力します。




■あとは動かしてみる。
ここまできたら、あとはムービーを作り、プログラムを書けます。書き終わったら動かしてみましょう。


FlashDevelopの画面上段のメニューからプロジェクトを選択し、プロジェクトをテストをクリックする(あるいはF5を押しても同じ効果)。そうすると自動的にFlash CS側に画面が切り替わってムービーが再生されます。


これでFlash CSとFlashDevelopを併用して開発することができます。後は素敵なムービーをがしがし作っていくだけです。 ただし二つのツールを立ち上げていますので、保存忘れにはご注意くださいネ
関連記事

Tag:ActionScript3  Trackback:0 comment:0 page to top

Comment

comment form
(編集・削除用):
プロフィール

Nikukyu

Author:Nikukyu
なんちゃってゲーム開発者をしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。