スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

XNA開発終了・・・

なんとなく予想はしていたところですが、ついにXNAの開発が終了となることが
明らかになった模様です。

詳細は以下より。

 http://www.polygon.com/2013/1/31/3939230/microsoft-has-no-plans-for-future-versions-of-xna-software

まぁ、4.0がリリースされてからこのところまでの動きの鈍さやら諸々、ある程度
予想はしていましたが。

XNAは良いのですが、同記事やリンク先の話題、検索して調べてみた感じで気に
なるのは「DirectXも技術的に死んでおり云々」という下り。

え?DirectXも終わるの?

いろいろな記事を見ている限りではDirectXに関しては終わらないと思われる。
というか、Direct3D以外はすでに死んでるじゃないかという意見などもあり
また納得するところでもありますが。
でもまた一方で、これはXBoxの後継機の発売へ向けた整理であるという見方も
あるようで、この言を信じるならば、近い将来XNAの後継といえる何かしらの
登場も想定することができるでしょうね。まぁ、ありえなくもないかな~・・・わからんけど。


で、話を戻してXNA。

XNAはそれサポートは続く(使うことは今後もできるよ、という意味で)のではありますが
かといって今後発展しないことがわかっている分野はどうしても人が離れていく傾向にあると
思うので、現状からすればあえてXNA開発を推す必要はないでしょう。
個人的には好きなプラットフォームだったので残念ではありますが。

といったところで、素直にC++/DirectXに戻るのも癪ではあり。
というかもうC++やだ。

Monoの開発者も言ってるじゃない。
「Cでプログラミングするには人生は短すぎる」と。
同感です。


というわけで、何がいいたいかというと、XNAはどうでもいいが、C#でゲーム開発は続け
たいなーと思うわけです。

冒頭にも書いたように、XNAは終わる予感がしていたので、昨今は実はちょっと浮気をして
SharpDXというものに手を出してますよ、という内容を一応。

SharpDXは、端的にいえば、DirectXをC#から呼べるようにしちゃうよライブラリ郡。です。
ラッパークラスライブラリみたいなものだと思えばよいかと思うです。
(必ずしもラッパーではないけれど)

 【SharpDX】
 http://sharpdx.org/

ちなみにこのSharpDX、SlimDXに相当似ているらしい。
僕自身がSlimDXに手を出していなかったので詳しいところはわからないけれど。
XNAと比較するなら、とりあえずDirectX10 10.1 11、そして11.1(Windows8だけ)も使えるよ。
ってこと。
MITライセンスなので、商用利用もいける。これは頼もしい。

というわけで個人的にはお勧めしたい。

SharpDXではないけれどもうひとつあるのがWindows API Code Pack for Microsoft .NET Framework


 【Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework】
 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/desktop/gg213859.aspx

これはもう完全にラッパークラスライブラリといったていですが、同じく
C#からDirectXを呼び出せます。10 10.1 11も動く模様。
というかDirectXだけじゃなくてWindows7タスクバーやらWindowsShellやら
いろいろカバーしているそうです。

が!
これも最終更新から2年以上音沙汰がないので、どうなんだか~・・・。
スポンサーサイト

Tag:XNA4.0  Trackback:0 comment:1 page to top

Legend of Grimrock

あぁ・・・仕事が急に忙しくなってしまいました。MHL for XNAを更新しようと思っていたけれどまだ途中なんです。一応新Blenderには対応済みなんだけれども、それだけじゃつまらないので、今SSAO(Screen Space Ambient Occlusion)を作ってます。待ってくれてる人がいるかどうかは不明ですが、今しばらく…今しばらく…!

話は変わって Legend of Grimrock。忙しいといっているのに Steam で買ってしまいました。面白い、というよりか懐かしいというか。いや、面白いですけどね。完全に Dungeon Master を意識したと思われます素敵懐かしゲーム。インディーズ的なデベロッパーなのか、15$となかなかお安め。

ちなみにこんなゲーム。



基本的にはダンマス。絵が進化してもマス移動は変わらない。これがまた操作性をシンプルにしつつ戦略的で、純粋にゲームを楽しむことに集中させてくれる。意図的な簡略化の意義を再認識させてくれる。1ゲーム開発者の端くれとしては何でもかんでも移動も操作もカメラも自由に操作できます的な昨今の自由という名の複雑緊縛怪奇ゲームが必ずしも良いとは限らないということを思い出させてくれただけでも買った価値があると思っています。

そもゲームって戦争を簡略化してお手軽に遊べるようにしたものなんだっけー?とか思い出したり。ゲームにおける意図的な簡略化って、デフォルメの概念に近いのかもしれない。そう考えるとリアリティの実現を目指しすぎている現状はゲームというよりはシミュレーター。もっと言えばファンタジーシミュレーター…仮想現実?一時期はやりましたね仮想現実。いや、なんかこの話を掘り下げると終わらないし答えもなさそうなのでやめときますが。


ダンマス好きなら1200円くらいだし買いではないかと?思われる?

Tag:海外ゲーム情報  Trackback:1 comment:0 page to top

Blender2.62とXNAと「MH-Library for XNA 4.0」

さて、前にMH-Library for XNA 4.0を更新してからはや何ヶ月たったか。
いつのまにかBlenderも2.6シリーズになり・・・というか2.62になってますね。

色々と調べてみた結果、Blender2.6系ではXNAのためのFBX出力が標準装備されている様子なので、近々MH-LibraryとBlogの出力方法説明のページを更新しようかと思います。

ただ標準装備の出力でも相変わらずSpecularPowerの値が80固定で出ちゃうみたいなので、どうしようかな。パイプラインで別途もてるようにするかもしれないです。

ついでにBlenderのバグっぽい動作がどこまで治ったか試してみよう。うん。


ところで、XNA Game Studioもしれっと更新されたようです。Microsoft XNA Game Studio 4.0 Refreshという名前らしい。基本的にはVBでWindows Phone向けの機能追加と、一部バグ修正だそうなので、まぁバグ修正が含まれるから導入しておこうかと。以下からダウンロードできる模様。

http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=27599

Tag:XNA4.0  Trackback:2 comment:0 page to top

スヌーピー スヌーピー スヌーピー

スヌーピーにおおはまりです。
とりあえずスヌーピー動画をいくつかぺたり。
ほぼ個人観賞用デスガ。



これはスヌーピーの大冒険の1シーンですね。僕もここが一番好きかもです。




これはRace for your lifeの1シーンらしいです。DVDは発売されていないので見たことが無い。
ウッドストックの声が途切れているのが残念無念。




これは何のシーンだか分かりません。原作の方で同様のシーンを見たことがあるような気もするけれど。誰か教えてください…
かわいいでありんす。

Tag:その他  Trackback:1 comment:0 page to top

Skyrim 英語版exeで日本語化

いやー、skyrim楽しいですね。

というわけで唐突に英語版exeで日本語音声にする方法について。結構簡単に出来る。
注意点としては、あくまで音声だけなので、本は英語。頑張って読むように。字幕も英語。消しても良いかと。


1. まずはskyrim日本語版をインストール。
 steam上でThe Elder Scroll V: Skyrimを右クリックしてオプションを開いたら、言語タブで言語を変更できるので、日本語(Japanese)を選択すればいい。ダウンロードに時間が掛かるので注意だが。

2. 次に以下からBSA unpackerをダウンロードする。

 http://fs3.tesnexus.com/download.php?file=BSA%20unpacker-3117.7z&domain=tesnexus.com&dl=1

3. ダウンロードしたBSA unpackerを展開したら、BSAUnpack.exe起動する。

4. 起動したら、openボタンを押す。

bsaunpack_001.png


5. インストールしたskyrimの中にあるSkyrim - Voices.bsaを選択する。普通はC:\Program Files\Steam\steamapps\common\skyrim\Dataにあるはず。警告がでるけど気にせず。

6. 画面にずらずら出ると思うので、Extract allを選択。

bsaunpack_002.png


7. 出力としてC:\Program Files\Steam\steamapps\common\skyrim\Dataを選択してOKを押す。

8. 出力が始まります。出力自体はバックグラウンドで動作してるので暫く待ちます。出力先を右クリックしてプロパティを開き、ファイル数が変化しなくなれば出力が終わっている。

9. Closeを押す。

bsaunpack_003.png


10. 先ほどと同じ手順で、今度はSkyrim - VoicesExtra.bsaを出力する。

11. 出力が終わったら、BSA unpackerを閉じてOK。

12. 最後に英語版をインストールしなおす。方法は日本語化と同じで、steam上でskyrimの言語タブから英語(English)を選ぶだけ。やはりダウンロードに時間が掛かるので待つ。


インストールが終わったら完了。
これで英語版.exeで日本語音声という状態になる。全てが日本語音声になるかどうかは定かじゃないが、たぶん大丈夫。

exeが英語版なのでもちろんScript Dragonも併用可能。というかむしろそれメイン。
Extra Hotkeysをインストールするなどご自由に。

Tag:海外ゲーム情報  Trackback:0 comment:0 page to top

プロフィール

Nikukyu

Author:Nikukyu
なんちゃってゲーム開発者をしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。